ちょこってぃ

ちょこっとした手作りと日々を綴るブログです。

綿の苗

b0276777_09005513.jpg

五月六日に水につけ始めた綿の種は、1つだけ生き残り…生き始めかな?こんな姿になっています。
環境の変化を嫌う綿。水耕栽培で芽出しだけして鉢に植えようと思っていたのに。

他のことにかまけていました。
b0276777_09005664.jpg

ダメ元で鉢に植える?
無理を承知で、このまま水耕栽培する?







【先生のハナシ】

彼は9◯歳で柔道3段で、球技も得意で、俳人の雅号をお持ちで、と多彩な方です。教職を生業とされていたため、私たちは先生とお呼びしています。

最初は、付き添って歩く私たちに足をかけ、私たちを転ばせてみたり、いきなり後ろから首を絞めてきたり、羽交い締めにしたり、蹴り飛ばしたり、膝を顔に入れてきたり、腕をひねり上げてきたり、かなり、ホントーーにかなり痣やら引っかき傷やら、捻挫やらさせられたものですが、近頃は落ち着いて来ました。

先日真夜中に突然、「あのね、紙と鉛筆を頼みます」と仰いました。

「先生、起きるんですか」

「起きますよ」

ごろごろ、ぽこぽこ、えいやっ、それ、それ、ふんっ! ヨタヨタヨタっ。

「はい、先生、紙と鉛筆です」

「うん」

かきかき、かきかき、かきかき。

(私は他の仕事をしながら時々椅子に座った先生の様子を確認)

「お茶をください」

「はい、どうぞ」

「丸いのが欲しいですね」

「先生、丸いのは全部食べてしまいました。朝になったら買って来ます」

「ああ、そうかね、食べてしまったか。いやね、あの丸いのはとてもいい。うん、とてもうまかったので、またお願いします」

かきかき、かきかき。

先生はその日朝まで書物をされていました。朝、夜勤が終わってから先生のメモ書きを見ると。

◯◯の うなじの白×▽◯ れんあい◯◇

先生の俳人の雅号(←これはヒミツ)

と書いてありました。記号の部分は読みとれず。

ふふふっ。「うなじ」と「れんあい」。

私は近頃この先生が大好きです。一人称を「私」という男性がそもそも好きだし。もう一人とっても好きなおばあちゃんがいるのだけど、彼女はとても調子が悪いのです。好きな方はいつも早くに儚くなくなっちゃう。泣

疫病神? …もしかして。


[PR]
by chocottie | 2017-06-09 08:32 | ガーデニング覚書
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28