ちょこってぃ


ちょこっとした手作りと日々を綴るブログです。だんだん復活して来ましたがブログを頻回に更新していません。その代わりにInstagramを始めました、こちら「manisbutabubble」で検索してください。
by エイコ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
わー、すごい! 化石発..
by kyokocat at 12:58
すごーーい! エイコさ..
by haruka at 12:13
ステキに仕上がりましたね..
by bluerose-lace at 23:55
これは絶対喜ぶと思う! ..
by tarohanaazuki at 23:36
こんな風に仕上がるのか~..
by pinochiko at 19:59
これ、本当は売ってるやつ..
by Meri-koenji at 19:25
★harukaさん こ..
by chocottie at 19:22
化石発掘の現場みたいで、..
by haruka at 12:22
> Meri-koenj..
by chocottie at 10:14
> ui-tanaさん ..
by chocottie at 10:12
あっ、記事がアップされて..
by Meri-koenji at 21:38
とっても可愛いのに残念や..
by ui-tana at 22:03
> bluerose-l..
by chocottie at 20:04
> tarohanaaz..
by chocottie at 20:03
> butanekoex..
by chocottie at 20:00
> 371230さん ..
by chocottie at 19:58
恐竜かわいいですね。怖く..
by bluerose-lace at 18:00
どうして??? うちの..
by tarohanaazuki at 14:33
あらら! ポキポキだわ..
by butanekoex at 14:30
アップまってまーす(o^..
by 371230 at 13:43
リンクはフリーです
リンクしてくださる方はどうぞ宜しくお願いします。

タグ:ハーブ ( 21 ) タグの人気記事

ローズマリーのリース

b0276777_17442254.jpg

日中あたたかい時間があったので、ローズマリーを剪定しました。枝をそのまま廃棄するのは勿体ないので適当に丸めてリースにしました。この絵は保育園の時(幼稚園だったかも)描いた絵です。古い家から新しい家への引越の際にいろんなものを捨ててしまいました。そんななか残っていたこの絵。紙質の絵皿に直接絵の具で描き込んでいます。この絵を描いた記憶はまったくありません。保育園と幼稚園と両方へ行ったのでどちらのものだったかもわかりません。

子供の描くものはどんなものの天才的です。








More
[PR]
by chocottie | 2017-01-21 06:00 | my ちょこっ手

本【ハーブ図鑑 ジェニー・ハーディング】

b0276777_09205441.jpg


アマゾンでぽちして買ったこの本。梱包材の段ボールの上でパチリ。

美しい装丁。

とてもお勧めなので少しだけ中を紹介します。
b0276777_09205595.jpg

b0276777_09205656.jpg

b0276777_09205628.jpg


育ててみたいと思っているハーブが詳しく掲載されています。花の写真を見ると、花を咲かせるまで頑張って育てようと意欲が増します。

同時にぽちしたもう一冊のガーデニング関係の本のご紹介はまた次回。



綿の種、さしあげます まだまだありますよ。綿の種。欲しい方はコメント下さいませ。




[PR]
by chocottie | 2016-12-20 09:00 | ガーデニング覚書 | Comments(4)

green fog セージの葉

b0276777_23332818.jpg

この写真の中でわたしの目を一番に引くのはセージの葉の色。
green fog なんだかぴったりな名前の色をみつけました。


ハーブソルトを作ろうと思って庭のハーブをちょきちょき。ざるの上で乾燥中。お塩はどんなのにしようかな。
夕方暗い部屋の中で撮った写真、暗い秋の夕方の色温度を感じられます。
b0276777_23332817.jpg



【余談】
脳内ヘビーローテションの音、あるでしょ。変なチューンだったりお祈りの言葉みたいなのだったり。
今日のわたしの脳内ヘビーローテションはCocteau twinsの 'Carolyn's fingers'でした。おかげで羽が舞うような気持ちで働けました。
ちなみに数日前までは Pablo Casals の Bach 'Cello Suites No1 G major....'が脳内をぐるぐる流れていましたが、その前は「ずいずいずっころばし」だったし、ヒノノの2トンのCMのあのフレーズと「おしりかじり虫」の歌が交互に脳内を流れていた時もありました。

大橋トリオが軽やかに歌っている日もあれば、ローリングストーンズの古い歌が流れている日も、美空ひばりが歌う日も、朝起きてからレッチリが頭の中で跳ねてたのに午後からいきなり日本の民謡が北から南へ駆け抜けて行く日もあります。

脳内のことはなぜか自分では操作できなくて、知らず知らずのうちにヘビーローテションが出来上がっています。皆さんもそうでしょう? 今、あなたの脳内に流れている音はどんなものですか? 素敵な曲ですか?それとも、CMのフレーズがヘビーローテションしてますか?



[PR]
by chocottie | 2016-11-19 06:00 | ガーデニング覚書 | Comments(6)

起死回生のレモンバーム

b0276777_23071323.jpg

今度こそ「もうあかんな」と思ってました。
6月には雨に打たれて葉が黒ずみ、7月は虫に食われて葉がなくなり、8月は日照りのような酷暑に枯れ枝のようになっていたのです。
そろそろ根を抜いてしまおうかと見てみると、起死回生です。わさわさと茂っていました。
こういうところ、本当に見習いたいです。

持てる力を温存し、発揮するタイミングを外さない。

植物たちはカッコよくその姿を持って私に教えを授けてくれるのです。



【皆様へ】
昨日の記事で書いたことへ、たくさん激励の言葉をいただきありがとうございます。
説明が足りませんでしたが、私は認知症ユニットで働いていますので関わる全ての高齢者が、24時間ケアが必要な自宅では生活が困難な認知症の方、あるいは精神疾患がありその上で認知症を併発している方なのです。
男女の区別がつきにくいショートカットの私に対して、自分の認知機能をフル活動させながら考えて話しかけてくれる。もうこれだけで相当嬉しいのです。
おもしろ馬鹿話を、と思って時々more storyを書きますが、それはなんというか職業別あるあるみたいな物なのです。
男女の区別が付かないと言われても、メガネを吹っ飛ばされても、ひっかかれても、殴られても、バカだなんだとなじられても、「もー、こんなこと言われちゃったあ!」と仲間内で喜んで話すあたり、もしかすると自分はマゾヒスティックmasochisticなのかな、ってニヤッと思う今日この頃。

[PR]
by chocottie | 2016-10-29 06:00 | ガーデニング覚書 | Comments(10)

indian summer

小春日和といえば。

(英語がやな人はばーっと読み飛ばして一番最後の写真のところまで、行ってください。小春日和が訪れるとつい歌っちゃう歌なんです。)

Breakfast in cemetery ♫
Boy tasting wild cherry
Touch girl, apple blossom
Just a boy playing possum

We'll come back for Indian summer
We'll come back for Indian summer
We'll come back for Indian summer
And go our separate ways

What is that cheerful sound?
Rain falling on the ground
We'll wear a jolly crown
Buckle up, we're wayward bound

We'll come back for Indian summer
We'll come back for Indian summer
We'll come back for Indian summer
And go our separate ways

I touch your hem you say
Let's stroll down Martin Way
Pick plums, abandoned farm
Who let norms come to harm?

We'll come back for Indian summer
We'll come back for Indian summer
We'll come back for Indian summer
And go our separate ways

Cover me with rain
Walk me down the lane
I'll drink from your drain
We will never change
No matter what they say

We'll come back for Indian summer
We'll come back for Indian summer
We'll come back for Indian summer
And go our separate ways

Motorbike to cemetery
Picnic on wild berries
French toast with molasses
Croquet and baked alaskas

We'll come back for Indian summer
We'll come back for Indian summer
We'll come back for Indian summer
Cover me with rain ♫


小春日和というよりは秋晴れな日です。

b0276777_12175272.jpg


b0276777_12175208.jpg


[PR]
by chocottie | 2016-10-27 12:00 | ガーデニング覚書 | Comments(6)

老木ローズマリー「もちゃっと」

b0276777_12132279.jpg

ふと思ったのです。

うちの老木ローズマリーは立性だけど、立性とかそういうの関係なく、もちゃっとしているな、と。
夏に新しく買ってきたローズマリーの苗(どちらも、立性)2つのうち1つは枯らしてしまったけど、
1つは元気にしていて、穂先がシュルッっとかっこよくなってるのです。

「シュルッっと」と、「もちゃっと」の違いは何から生まれてくるのかな。

新しく伸びてきた枝には比較的シュルッっと系の穂先が多くて、でも花がたくさん付いている枝はどうにも、もちゃっとしているのです。写真はもちゃっとの良い例。


[PR]
by chocottie | 2016-10-26 12:06 | ガーデニング覚書 | Comments(8)

ティトゥリー&シアバター・バーム

b0276777_20343235.jpg

いととはりのsuzuさんが教えてくださったこのバーム。何にでも効く万能バーム。無くなってきたからまた作りました。カサカサにも傷にも火傷にも、保湿にもグー!!
我が家ではもう常備薬です。

iPhoneからの投稿はリッチリンクが使えなくて残念。

[PR]
by chocottie | 2016-10-20 20:29 | my ちょこっ手 | Comments(4)

浸出油剤 St.John's wort

b0276777_12014284.jpg

花や地上部を植物油に浸してヒペリシンを含む赤色色素を溶出させたセントジョンズワート油は、外傷ややけどに効能があるそうです。

ハーブティーとして使用する場合、気管支拡張薬、ワルファリンとの相互作用に注意が必要で、またオイルをそのまま皮膚に塗布する場合、光感作作用に気をつけなければならないようです。ハーブは難しいですね。

わたしは自分で育てた無農薬のJohnで浸出油剤(infused oil) を作り、そのオイルで石けんを作ってみたかったので、計画通りに進みたいと思います。


乾燥させたJohnを密閉容器にぎゅうぎゅう押し込み、そこへオイルをヒタヒタに注ぎます。冷浸法をとりますが、小麦胚芽油は加えていません。(加えるべきなんでしょうね、でも今手元にないし)
b0276777_12014255.jpg


新春に本業関係の試験をひとつ受けるのだけど、それに合格した後は1年くらい他の資格はとれないので、その間に石けんとアロマとハーブの講習を受けに行きたいなあ。


[PR]
by chocottie | 2016-10-18 11:37 | myちょこっ手★石けん | Comments(10)

John 収穫


そして、Johnを収穫しました。

b0276777_11511310.jpeg


b0276777_11512585.jpeg
徒長し過ぎていますが元気です。
乾燥後、オリーブオイルに漬け込んで浸油剤にします。
そうしたらハーブオイルとして石けん作りに使用します。
b0276777_11510140.jpeg
しっかり刈り込みましたので、冬を越して春にはまた成長してくれるよう祈ります。
そして来年こそは、花を咲かせてみたいです。







[PR]
by chocottie | 2016-10-12 11:57 | ガーデニング覚書 | Comments(4)

みりん粕味噌漬け【モッツァレラチーズ】2日目

モッツァレラチーズを漬けて2日目です。正確に言うと1日半漬けた状態です。
b0276777_10243332.jpg


昨日の写真はこちら→


ぱっと見変わりませんが、モッツァレラチーズはさらに奥行きのある味わいが染み込んで美味しくなっています。キャベツはこのくらいが好みかも。青じそに関しては、とくに漬ける必要はなかったかも、という印象です。
モッツァレラチーズは、この程度でやめないと、明日は辛くなりそうな予感がありますが、明日またひとつ取り出して確認してみたいと思います。


全く違う話で、しかも手前味噌な話をします。
b0276777_10243523.jpg

夏に作ったトマトのジャムを最近ようやく開栓しました。このトマトのジャム&オリーブオイル&ハーブソルトの組み合わせがとっても美味しいのです。半額セールで買い冷凍しておいたパンでさえ、美味しいパン屋さんのパンのように食べられます。
ああっ、もっとたくさん作っておけばよかったな!来年このことを忘れずにたくさんのトマトジャムを仕込むことにしましょう。

[PR]
by chocottie | 2016-10-06 10:12 | myちょこっ手★発酵食品 | Comments(10)


タグ
最新の記事
続編: ポンコツ・ダイナソー
at 2017-03-23 17:47
ポンコツ・ダイナソー
at 2017-03-20 13:36
甘夏ジャム
at 2017-03-10 14:15
フラワーブーケもどき
at 2017-02-26 09:54
手作り石けん「フラワーブーケ」
at 2017-02-21 14:18
YUAN soap
at 2017-01-23 12:00
ローズマリーのリース
at 2017-01-21 06:00
信州ほおずきジャム
at 2017-01-17 09:54
紅葵の種
at 2017-01-04 12:34
愛のチカラ
at 2017-01-02 11:26
ブログジャンル
検索
外部リンク