カテゴリ:myちょこっ手★ジャム( 41 )

甘夏ジャム

「小さい春、み~つけた!」

b0276777_14082110.jpg


玄関先に結婚式の引き出物サイズの大袋が置いてありました。

私にとっては春先の恒例行事。

友人の畑で採れる甘夏。

小さな春がやってきました。






甘夏のジャム、甘夏のシロップ。


レモングラスのスッキリ爽やかな香りをプラスしたつもりでしたが、
あまり感じられない出来栄えになりました。

ちっ。

b0276777_14083989.jpg


甘夏のシロップはもう少し暖かくなったら

ソーダ割りで飲みましょう。


b0276777_14085289.jpg


友人の畑でできた甘夏。

「つら」は悪くても素晴らしく美味しくすっぱい甘夏です。


b0276777_14094511.jpg




[PR]
by chocottie | 2017-03-10 14:15 | myちょこっ手★ジャム | Comments(18)
b0276777_17270933.jpg

真っ赤なベニアオイのジャムが出来ました。酸っぱくてキュッとなります。ローズヒップやハイビスカスティーの味わい。


作り方は昨年と同じです。
【覚書レシピ】
*ローゼル(種を取り除いて正味) 1000g
*グラニュー糖 400g
*白ワイン 300cc
*クエン酸5g

★つくりかた★
①ベニアオイをホーロー鍋に入れてグラニュー糖をまぶして半日置く。
b0276777_17270916.jpg

b0276777_17271017.jpg

経過↓
しんなりしてカサが減りました。
昨年はこのあと煮ましたが、形が残っているのがあまりにも福神漬け風でしたので、今年はブレンダーで撹拌しました。
b0276777_17271160.jpg

↓白ワインを加え撹拌し、チョップされたところがこちら。
b0276777_17271272.jpg

②クエン酸を加えて強火に煮ます。アクは丁寧に取り除きます。好きな固さまで煮詰めたら完成です!

b0276777_17271215.jpg

福神漬け感については、まあ、なくなったかなと思います。


200の瓶4個と、100の瓶3個出来ました。
b0276777_17271347.jpg



アクを取り除いた時に余分な水分も取ってしまいます。グラスに取り分けておいて、上澄みのアクを取り除いたら、美味しい部分だけが残ります。氷を浮かべたベニアオイ水は、作った人へのご褒美です。いひひ。
b0276777_17271435.jpg




[PR]
by chocottie | 2016-10-11 17:11 | myちょこっ手★ジャム | Comments(8)

Roselle〜ベニアオイ

b0276777_15141018.jpg

夜勤明けの今朝、眠い目をこすりつつ、長靴を履いて雨でぬかるんだ叔母の畑で収穫してきたRoselle〜ベニアオイ。叔母さん、今年もありがとう!!

ジャムにするズラよ。
昨年の記事はこちら→
こちらにも→


[PR]
by chocottie | 2016-10-10 15:08 | myちょこっ手★ジャム | Comments(8)
ブログ「アート農場と庭」のアキさんがイチジクのバルサミコジャムとブルーチーズを召し上がっているのがとても美味しそうでした。
ぜひリンクから進んで、アキさんのため息の出る美味しそうなお皿をご覧くださいませ。





まあ、そのあとで、私の↓物を見ると、なんというか…家庭画報と週刊誌くらいの差があるのだけど…
b0276777_05170790.jpg


えーっと。
人間、背伸びをしてはいけませんね。(笑)
そもそもブルーチーズがあまり好きではないのです…だからお店で散々ブルーはやめてブリーにするべきでは…と悩んだのですが、最初はお勧め通りに行くべきだと自身を鼓舞してブルーを買ってきました。

ジャムの完成度は低いのですが、それが理由ではありません。ブルーチーズがやっぱり苦手なのです。

あはははは。

ブルーチーズを極少量とって、パンにジャムと合わせて付けたらとても美味しかったです。

100gほどのブルーチーズが冷蔵庫の中にあるのだけど、これを一体どうしたものか。

どなたか、ブルーチーズが苦手な人も美味しく食べられるブルーチーズの使い方を教えてくださいませ。
[PR]
by chocottie | 2016-10-09 05:03 | myちょこっ手★ジャム | Comments(4)
b0276777_13080169.jpg

ブログ「アート農場と庭」のアキさんが9月に作ってらしたイチジクのバルサミコジャムがうっとりするほど美しくて、アーティスティックで、美味しそうで、作ってみたいとお話したら、そうしたらご親切にレシピを教えてくださいました。

アキさんのジャムはボルドーカラーでぷるんとしているのに、私の作ったものは色も赤茶色ですし、煮詰め方も足りません。

アキさんの教えてくださった作り方は以下の通りです。


イチジク5個~6個
蜂蜜200g
バルサミコ酢50cc
お鍋で水分が半分ぐらいになるまで煮詰めます。


色合いと煮詰め方は今ひとつですが、味はしっかりと蜂蜜の味わいと無花果の味わいがして、バルサミコの香りがふわっとするのに酸っぱさは感じられません。

精進が必要ですが、こういったちょっと変わったレシピのジャムも素敵だなあと思いました。

アキさん、レシピをありがとうございます。

[PR]
by chocottie | 2016-10-08 12:55 | myちょこっ手★ジャム | Comments(8)
b0276777_11514442.jpg

久々にジャムを作りました。

春に作った大量のイチゴジャムがようやく減ってきたのです。甘夏はグラムを図り冷凍してありました。




イチゴジャムを作っていた季節に、アールグレイの香りを付けようとして、アールグレイの紅茶葉を粉砕して入れました。大した味も香りもつかず大失敗しました。

先日近所のお菓子材料店で、紅茶のリキュールとクッキーやスポンジケーキに練り込む紅茶の粉末を発見し購入してありましたので、今回はこれを使います。

【覚書レシピ】
b0276777_11514566.jpg

甘夏みかん 1kg
グラニュー糖 40%
クエン酸、ペクチン 適宜
紅茶のリキュール 大さじ1
アールグレイパウダー 小さじ1弱


b0276777_11514607.jpg

グラニュー糖をまぶして数時間置いたものを、だしパックに入れた種と一緒に煮込みます。アクをとったらリキュールとパウダー、クエン酸を入れ、味を調えたら、ペクチンを入れて更に煮詰めます。

200g瓶、100g瓶、それぞれ3個ずつ出来ました。

最初の写真にあるように、アールグレイパウダーが色を出したので、黄金色になっています。リキュールが入っているのでしっかりアールグレイの主張があります。

甘夏みかん自体は、苦味がたっていて、生では食べられないためジャム用にとっておいたものです。

ヨーグルトに合わせて食べてみたら、なかなか良い感じでした。苦味が強いのでトーストには合わないかな。しかし先日覚えたマスカルポーネチーズとジャムの組み合わせは無敵!ルールで食べれば、バゲットやクラッカーに合いそうです。
[PR]
by chocottie | 2016-09-07 11:39 | myちょこっ手★ジャム | Comments(8)

瓶の形状

b0276777_07391304.jpg

この100mlサイズの小瓶の形が気に入って70本も買いましたが、シールが下部にしか貼れないことにようやく気づいた次第でごじゃりまする。

うぅっ…

斯くなる上はっ!
[PR]
by chocottie | 2016-07-22 07:36 | myちょこっ手★ジャム | Comments(10)

トマトのジャム

b0276777_07024017.jpg

b0276777_07024155.jpg

初めてトマトのジャムを作りました。
わからないことだらけでした。
ジャムに投入するモノを後から咄嗟に決めたり、適当に味を見ながら入れるなんてこと、初めてしました。

材料や作り方を、覚書として書いておきます。

【材料】
トマト いろいろ 1kg強
グラニュー糖 トマトの40%
クエン酸 適宜
ペクチン 20gくらい
白ワイン 140cc

【作り方】
b0276777_07024103.jpg

①トマトは大きいトマト、プチトマト、種類もいろいろ、消費しきれなくて熟れていってしまうものを全て。
②よく洗ったあと湯むきします。
③湯むきしたものの皮をむきつつ、種やヘタの固い部分を取り除きます。
↓ 取り除いたもの。種は綺麗に取りきれませんが細かなことは気にしません。血液型O型ですから。(笑)
b0276777_07024263.jpg


④ブレンダーで撹拌しピューレにします。この時点で「ジャムよりスープに…」だとか「ジャムじゃないよね〜〜ソースだわ」といった誘惑にかられましたが、振り切りました。
b0276777_07024336.jpg


⑤この時点でトマトの重さを計ります。
⑥ホウロウ鍋にトマト、40%の砂糖の半分を入れて火にかけます。クエン酸を味見しながら振り入れます。少しだけ砂糖を残し、残りを全て入れます。クエン酸をまた入れます。
この時点で、激甘なトマトピューレ砂糖ミックスに腹が立ちました。こんなん食えるかあ!と心の中で舌打ちし、白ワインをガッと掴み出し、70ccレードルに二杯投入しました。

味見するとスッキリした口当たりになったので気持ちを落ち着けて少し煮込み、取り分けておいた砂糖にペクチンを混ぜ、鍋に投入。15分ほど弱火で煮込みます。
この時、スパイス入れたいなあと悪魔のささやきが聞こえましたが、トマトのジャム作りは初めてですから、この誘惑も振り切りました。
⑦アクは適宜取り除きます。煮沸した瓶を用意しておきます。充填して完成です。

b0276777_07024366.jpg


【感想です】
口当たりがリンゴのジャムに似ています。父も母も、あれ?美味しいね、と言ってました。美味しくていいんですよ、びっくりしないようにして下さいね。口に残る微かな味わいはトマトだと思います。
普通にジャムとしてパンやヨーグルトに良いと思いましたが、カナッペみたいなもののアクセントに使うのも良さそうかなとおもいました。




※追記

蓮の花のスキンを気に入ってましたが横長の写真が見切れちゃうんです。泣
変え方もわからないから、またスキンを変更してしまいました。浮気者です、すみません。


[PR]
by chocottie | 2016-07-21 05:42 | myちょこっ手★ジャム | Comments(8)

ブラックベリー

b0276777_18331367.jpg

今年もいただきました、ブラックベリー。

【覚書レシピ】
ブラックベリー
グラニュー糖 40%
白ワイン 10%
クエン酸 適宜
ペクチン 適宜




父がつぶつぶした種を嫌がるから、自分とお友達の分だけ作ります。
去年はそれが理由で、フルーツビネガーだけを作りました。
でも今年はやはりジャムにしたいと思います。

お砂糖と白ワインをまぶして冷蔵庫に置いてます。

今日明日は作れないので明後日にします。トマトのジャムにも初挑戦する予定です。

先日作ったヤマモモのジャム、リキュールが効いてるため、父があまり食べようとしていないみたいです。お酒に弱いビビリな性格。風味はあるけどそれだけで、酔わないと思うんですけどね。
[PR]
by chocottie | 2016-07-17 06:00 | myちょこっ手★ジャム | Comments(6)

やまもものジャムソース

b0276777_21462717.jpg

またヤマモモを収穫してしまったので、今日は時間もありましたし、ジャムソースを作りました。

本当はジャムにしたいのですが、またもや緩くてソースになりました。泣

【覚書レシピ】
*やまもも 種取りした後 1100g
*グラニュー糖 今回は50%にしました
*クエン酸 小さじ2
*フランボワーズのリキュール 10%
*ペクチン 11g
※ 最初にやまももを柔らかく煮る時に白ワインを200cc使用しました。今までは水を使っていましたが変更しました。


【作り方】
⑴ やまももは海水濃度の食塩水に1から2時間漬け、綺麗に洗ってゴミや虫を取り除く。
⑵ 鍋にやまももと分量外の白ワイン200ccを入れ、柔らかくなるまで煮る。
⑶ 清潔な使い捨て手袋を使い、指先で軽くつぶしながら種を取り除く。
(これ、今回から採用。前回は裏ごししましたが、べつに同じことだなと思って。しかもこちらの方法のが速い)
↓種を取ったところ。
b0276777_21462815.jpg

⑷ グラニュー糖少々を残し、クエン酸と共に鍋に投入。煮詰めながらアクを綺麗に取り除く。
⑸ アクを取ったら、リキュールを入れ再沸騰。ペクチンと残りのグラニュー糖を混ぜ合わせ、鍋に投入。
b0276777_21462822.jpg

⑹ 好みの硬さになんて思っちゃダメ。(笑)色が悪くなる前に火を止める。
⑺ 煮沸消毒した瓶に充填。脱気するといいけど家庭で食べるものだからそこまでやらない。(笑)
⑻ 瓶を逆さまにして冷却。冷却後、蓋から中身が出てなければしっかり閉じられてるので瓶を流水で洗って充填時の汚れを落として完成です!


今年こそはジャムにしたかったので、糖度をあげ、クエン酸も使い、ペクチンも入れたのに、やはり緩くてソースのようです。
やまももは繊維質なのでジャムにするとつぶつぶした感じになります。そのあたりが辛うじてジュースではなくソースとよべる理由です。
b0276777_21462862.jpg

先日冷凍した分をジャムにする前に、もう一度ジャム作りの基本の本をしっかり読んで、もう少しジャムっぽく作れるようにレシピを考え直そう。


ちび瓶 よんこ。
大瓶 といっても200cc よんこ。
でけました。
b0276777_21462978.jpg



[PR]
by chocottie | 2016-07-05 21:21 | myちょこっ手★ジャム | Comments(4)

ちょこっとした手作りと日々を綴るブログです。だんだん復活して来ましたがブログを頻回に更新していません。その代わりにInstagramを始めました、こちら「manisbutabubble」で検索してください。


by エイコ
カレンダー